8月のサマソニにも登場したJorja Smith(ジョルジャ・スミス)が、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー) の「All The Stars」をカヴァーした模様がBBC Radio 1’s Live LoungeのYouTube公式アカウントに公開されました。

鍵盤と歌声のみというシンプルなセットにも関わらず、非常にスタイリッシュなこのカヴァー。

彼女の歌声とクリエイティブな世界観に引き込まれる見事な演奏です。

ネットの反応
ユーザー
彼女がラマーの曲を歌ってくれたことに感謝。
ユーザー
ジョルジャは次回の007主題歌を歌うべき。(近年アデルやサムスミスの007主題歌が話題。実力派アーティストの登竜門)
ユーザー
彼女のすべての演奏に魂を感じさせることに驚いているよ。何度も聞いてしまう…

才能豊かな彼女の歌声にたくさんの賞賛の声が寄せられています。

007の主題歌はそういう”枠”だったんですね〜知りませんでした。

ボンドガールならぬボンドシンガー、これはちょっと私も期待したいですね。

Jorja Smith(ジョルジャ・スミス)について

英国・ウォルソール出身。シンガーである父の元、レゲエやソウル、ロックなどの音楽を聞いて育つ。2016年1月、デビュー・シングル「Blue Lights」をリリースし、本格的に活動を開始。2018年1月、過去にはアデルやサム・スミスらも受賞した「Brit Critics’ Choice Award」を受賞。

一部参考:Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョルジャ・スミス

浮遊感のある独特の歌い口が彼女の音楽性の高さを感じさせます。

癒しとエネルギーが見事に調和して、いつまでも聞いていたくなるようですね。

アルバム収録曲「The One」も披露

弱冠20歳とは思えない落ち着きが本当にかっこいいですね。

ミッドナイトの街角を思わせるミステリアスなまでに幻想的でジャジーなアレンジも素敵です。

この歌声は一度は生で聴いて見たいところですね。今度はいつ来日してくれるのか楽しみです。

ジョルジャ・スミスの最新アルバム

新世代のR&Bシンガーと呼ばれるに相応しい様々なジャンルをクロスオーバーした一枚です。

カバーしたのはこの曲

大ヒット映画「Black Panther(ブラックパンサー)」の主題歌。

ケンドリック・ラマーのおすすめプレイリスト

それでは今日はこのへんで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です