イオンエフェクター保湿モードのおすすめの使い方

19:18:01こんにちは!ぃあ♪です。

イオンエフェクターをお使いの皆さんは、保湿モードってどんなイメージでしょうか。

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸を導入するブライトニングモードに比べるとちょっと影が薄いでしょうか。

実はこの保湿モード、

タバコの煙、排気ガス、ほこりなどを引き寄せるイオンクレンジングにとってもいいってご存知でしたか?

今回はそんな保湿モードについてとおすすめの化粧品をご紹介したいと思います。

※EH-ST86、EH-ST76/75は『リズム保湿モード』


※EH-ST86に搭載のプレケアモード後の保湿モードの場合、加水分解コラーゲンや加水分解ヒアルロン酸の導入は可能。詳しくは下記の記事でご紹介しています。

イオンエフェクター <高浸透タイプ>EH-ST86 を使ってみた効果とおすすめの化粧水

2018年11月17日

イオンエフェクターの保湿モードって?

以前イオンエフェクターのスキンクリアモードで使える化粧水として無印のクリアケア拭き取り化粧水をご紹介しました。

こちらはイオンエフェクターのヘッドがプラスとマイナスのイオンを交互に帯電することでお肌の角質などに入り込んだ汚れを除去するもので、
イオンエフェクターのスキンクリアモードを使ったいわゆるイオンクレンジングというものです。

イオンエフェクターでクリアケア拭き取り化粧水を使ってみた

2018年9月18日

今回使うモードはイオンエフェクターの保湿モード

保湿モードという名前ではありますが、実際にはヘッドがプラスに帯電している状態のことです。

つまり『保湿(保湿とは言っていない)』ってことです。

とは言えヘッドにプラスのイオンを帯電することで、お肌の中の若干のアミノ酸がマイナスにイオン化しタンパク質系の汚れを引き寄せてくれるのです。

いわゆるイオンクレンジングと言うやつですね。

スキンクリアモードでもイオンクレンジングできますが、これはずっとプラス電極で当てていくのでタバコの煙やほこりなどのマイナスに帯電するゴミをより一層引き寄せてくれるのです。

ちなみにイオンエフェクターに向いている化粧水としてメラノCCなどビタミンC誘導体配合の化粧水も人気ですが、
ビタミンC誘導体はマイナスのイオンを持つ成分なので導入するときはブライトリングモードでヘッドがマイナスのイオンを帯びている状態で使用し、主に美白やニキビ跡のケアが目的になってきます。

ご参考までに、各モードの帯電極を表にしてみました。

モード 帯電 おすすめの成分
スキンクリア (ー)、(+)交互 基本は水でもok※
保湿※1 (+) 基本は水でもok
ブライトニング (ー) ビタミンC誘導体、アミノ酸、プラセンタ、フィチン酸、トラネキサム酸など

※1EH-ST86、EH-ST76/75は『リズム保湿モード』
※2防腐剤などがイオン化しない成分か確認が望ましい

※EH-ST86に搭載のプレケアモード後の保湿モードの場合、加水分解コラーゲンや加水分解ヒアルロン酸の導入は可能

保湿モードで必要なもの:水

プラスに帯電する保湿モードでお肌から汚れを引き寄せるために必要なのは、水だけなんです。

ブライトニングモードのようにめぼしい成分があれば良いのですが、プラスに帯電する成分が少ないことや、お肌の中にあるアミノ酸を引き寄せるだけでも十分導出されるなどの理由から水やお使いの化粧水でOKです。

因みに、ネットでトレハロースとラフィノースがプラスに帯電するとして、導出専用の美容液を見かけました。

ナノケアの専用美容液にグリコシルトレハロースが用いられたりもしてるので、効果があるのかと思いましたが、トレハロースがプラスに帯電すると言うエビデンスが見当たらなかったので、今回は見送りました。。

保湿モードはマイナス系の汚れにおすすめ

水でもOKな保湿モードですが、基本はお使いの化粧水でやっていく方がいです。

イオンクレンジングで使う場合は、ピーリング効果のある成分が入った拭き取り化粧水もおすすめです。

拭き取り化粧水としては記事にも書いたのですが無印のクリアケアシリーズなど人気ですよね。

ただそうなるとスキンクリアモードとのキャラ被りがすごいことになって来ますよね。やってる事が全然変わらないのです。

やっぱり保湿モード(保湿とは言っていない)状態・・・

※EH-ST86に搭載のプレケアモード後の保湿モードの場合、加水分解コラーゲンや加水分解ヒアルロン酸の導入は可能(追記)

とは言え、ヘッドの交流がプラスとマイナス交互になるスキンクリアモードよりも、プラスの保湿モードの方が
タバコの煙、排気ガス、ほこりなどのマイナス系の汚れにしっかり対応できますのでいいと思います。

イオンクレンジングにおすすめの化粧水

トゥヴェール スキンピーリングローション

イオンクレンジングでおすすめしたいのがこちら。
メーカーがイオンクレンジングでの用途も紹介しており、たんぱく質系や水に溶ける事でイオンになる汚れを引き寄せる事ができます。

また、フルーツ酸が配合されていて汚れを浮かすピーリング効果でより効率的にクレンジングできます。

全成分
水、BG(保湿剤)、乳酸(ピーリング)、グリコール酸(ピーリング)、水酸化Na(pH調整剤)、メチルパラベン(防腐剤)、ベタイン(保湿)、PCA-Na(保湿)、ソルビトール(保湿)、オタネニンジン根エキス(保湿)、セリン(保湿)、マヨラナ葉エキス(保湿)、グリシン(保湿)、グルタミン酸(保湿)、ワイルドタイムエキス(保湿)、アラニン(保湿)、リシン(保湿)、アルギニン(保湿)、クズ根エキス(保湿)、トレオニン(保湿)、アロエベラ葉エキス(保湿)、クロレラエキス(保湿)、プロリン(保湿)

AHA拭き取り型ピーリングローションフルーツ酸(グリコール酸・乳酸)8.5%配合アミノ酸&各種植物エキスも配合毛穴やニキビ対策にトゥヴェール 楽天★スキンピーリングローション

使い方

それではスキンピーリングローションの薄め方と使い方をみて行きましょう。

1薄める

スキンピーリングローションは精製水で10倍に薄めて使います。

無印とかで売ってるボトルにロートを使って成分入れてしっかりふります。
目安
100ml分
精製水…90ml(大さじ6)
スキンピーリングローション…10ml(小さじ2)

50ml分
精製水…45ml(大さじ3)
スキンピーリングローション…5ml(小さじ1)

2シートマスクに染み込ます


ローションシートなどに薄めたローションを染み込ませます。

3あてる


洗顔後のお肌にシートマスクを顔に貼って、イオンエフェクターをあてます。

設定
保湿モード(+帯電)

使ってみた感想

お肌の感触としては沁みすぎることもなく普通に使えています。

無印のクリアケア拭き取り化粧水だと若干ヒヤッとしつつ沁みた感じがあったのですが、こちらはそんなことはありませんでした。

また、10倍に濃度が薄まっているのでお肌に負担をかけ過ぎないのも良いところですね。

終わった後のコットンはこちら

ごっそり落ちるというわけではありませんでしたが、ところどころホコリのような黒い繊維が見えるのでお肌にたまった汚れはちゃんと取れているみたいです。

まとめ

  • イオンエフェクターでイオンクレンジングするなら「保湿モード(+)」で行う
  • トゥヴェールのスキンピーリングローションは優しくイオン導出できるからニキビ肌におすすめ

いかがでしたか?

今回は保湿モードを使ったイオンクレンジングについてご紹介しました。

イオンエフェクターは有効成分との組み合わせて色々な使い方ができるので今後もいい情報があったら紹介していきたい思います。

皆さんもご自身に合ったケアを見つけてみてくださいね。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です