無印ローションシートとメラノCCでニキビに効く自家製シートマスクを作ろう

こんにちは!ぃあ♪です。

今回は無印良品のローションシートにメラノCCをたっぷり浸み込ませてイオンエフェクターのブライトニングモードにぴったりの自家製シートマスクの作り方をご紹介したいと思います。

既にロート製薬からメラノCC集中対策マスクというシートマスクが販売されています。
ですがこちらを使って見たところ、ひたひた感がちょっとだけ少ない印象でしたので、
自分でシートマスクを作ってみたところ、ニキビの炎症の引きがよくなったのでその作り方をご紹介します。

用意するもの

メラノCCしみ対策美白化粧水

効果・効能

メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。にきびを防ぐ。肌あれ。あれ性。油性肌。日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。皮フをすこやかに保つ。皮フにうるおいを与える。かみそりまけを防ぐ。

有効成分

3-O-エチルアスコルビン酸(高浸透ビタミンC誘導体)、グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)、アルピニアカツマダイ種子エキス(うるおい成分)

商品はしみ対策となっていますが、私はニキビが出来てしまった後の抗炎とイオンエフェクターでのイオン導入を目的に使用しています。プチプラなので大変お得に購入できたっぷり使えるのでシートマスクにぴったりです。

メラノCCしみ集中対策美容液

効果・効能

ニキビ痕や毛穴が気になる肌にもうるおいを与えて肌を整え、毛穴の目立ちにくいなめらかな肌に導きます。殺菌成分&抗炎症成分配合で気になるニキビもしっかり予防します。

有効成分

アスコルビン酸(活性型ビタミンC)、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE誘導体)、グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)

メラノCC集中対策マスクに含まれているトコフェロール酢酸エステルは実はメラノCCしみ集中対策美容液にも含まれています。今回は化粧水にこの美容液をプラスすることでマスクと同じ有効成分をお肌に浸透させていきたいと思います。このトコフェロール酢酸エステルは皮膚に含まれている酵素と結合して、皮膚内でトコフェロール(ビタミンE)に変化するため、代謝活性効果、消炎効果、抗酸化作用、血行促進作用などビタミンE同様の働きがあります。つまりニキビの炎症を早期に抑える効果が期待できます。

ローションシート(全体用) 圧縮タイプ

無印良品のほかに100均で購入できます。
コイン状のシートにローションを浸すだけで簡単にできるフェイスパックです。

原料

パルプ

出来るだけ化学繊維ではなく天然素材を使用したものを選びましょう。

大さじ一杯程度の容器

ピルケースやペットボトルのキャップなど

シートマスクの作り方

化粧水・美容液をシートに浸み込ませる

  1. メラノCCしみ対策美白化粧水をキャップなどの容器(15㏄程度)に注ぎます。
  2. メラノCCしみ集中対策美容液を4~5滴を1に注ぎます。
  3. シートを1個入れます。
シートが大体3~4倍の高さになったら一度取り出して、少しずつ解しながら開きます。この時内側がまだ乾いている場合は、その部分を液につけるようにもう一度容器に入れます。乾燥した部分が残っているとお肌トラブルの原因になってしまいますので、必ずシート全体に液が染み込むようにします。

顔にのせてケアする

  1. 洗顔後(イオンエフェクターのスキンクリアモードの後)化粧水・美容液を含んで、シートが充分ふくらんだら取り出しシートを広げ、目の位置から合わせながら顔全体にのせます。
  2. 【イオンエフェクターを使わない場合】そのまま5~10分くらいおいて、シートを取ってください。
  3. 【イオンエフェクターを使う場合】ブライトニングモードに設定し低温であてる。
    顎⇨頬⇨目元⇨眉間・おでこ⇨小鼻の順番に下から上へヘッドを軽く押し当てながら移動させます。
ブライトニングモードで温度を低温に設定してあてていきます。意味があるかはわかりませんが、ビタミンCは熱に弱いため高温ではなく低温モードに設定します。また、コットンなどつけないでそのまま肌に当てる方法も紹介されていますが、肌への摩擦が懸念されることから、私はコットンかシートマスクの上から当てています。

シートマスクの乾燥に注意

シートマスクが乾いていく過程でお肌の水分が蒸発してしまうことからシートマスクの乾燥には注意が必要です。シートマスクの使用は10分以内にしましょう。

やってみた感想

ニキビの炎症が早く引くようになりました。手で塗った時よりもお肌がしっとりしているたので、有効成分がしっかりと角質層へ届ているのかなと思います。

まとめ

  • メラノCCの効果をしっかり肌に届けるにはローションシートでオリジナルシートがおすすめ
  • ローションシートの上からイオンエフェクターを使う事で摩擦を軽減しながらビタミンC誘導体を角質層に届ける事ができる。

いかがでしたか?

メラノCCのシートマスクを使用する際は、浸み込んでいる液が若干少ない感じがするので、気になる方はお好みで化粧水をプラスするのがよいかと思います。

色々試してあなただけのケアを見つけてくださいね。

それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です